放射線治療で皮膚が突っ張って痛い人

/

超早期回復

【放射線治療のおかげで、肌がガチガチになってしまい、肘が曲がって来てしまっている患者さん】

1年程前に、肘から上の振袖筋肉の上腕三頭筋に放射線治療を受けた方。

患部である上腕三頭筋も切除して、さらに放射線を当てたことによって、肘を伸ばす筋肉と曲げる筋肉のバランスが崩れてしまいました。

そして放射線のお陰で、周りの皮膚がガチガチになってしまい、肘がどんどんと曲がってきてしまっていました。

そして物も持ちずらく、常に痛みもあったようです。

当初別の痛みでいらしていたのですが、施術してみました。

触ってみると皮膚は全く弾力もなくカサカサで、水分が枯渇しているようでした。

基本的に皮膚、膜〜の順番に身体の表面は覆われているので、まずは皮膚と膜の癒着を剥がすことに集中しました。

施術後しばらくすると皮膚と膜が剥がれてきて、肘が少しづつ伸びてきました。90度くらい曲がっていた肘が120度くらいまで伸びるようになり、痛みも軽減しました。

何度かやっていくうちに、肘ももう少し伸びそうです。

まずは、日常生活に問題がなく過ごせるといいですね。

このように放射線の治療で皮膚がガチガチになってしまい、関節の可動域が失われても、回復する可能性があります。

人それぞれ状態が違いますので、みな同様の効果が出るとは限りませんが、もしそのような状態でお困りの方がいらっしゃいましたら、是非一度見せてくださいね。

お問い合わせは、下記LINEかメール、お電話でご相談受け付けています。

よろしくお願いします。

〈受付時間〉

月木:13:00〜深夜21:00

火金土:9:0021:00

川崎市で唯一の下肢運動障害専門

M.A.K.鍼灸整骨院」

電話:044-752-0013

メール:mak20051202@gmail.com

院長 増田一三

《ホームページ》

https://mak-kawasaki.com/

LINE @

https://lin.ee/dCU9i0Q

LINE@で抽選クーポン配布中

予約: https://mak.pos-s.net/reserve/

YouTube

https://m.youtube.com/channel/UCeecQW4o8pKSvkQ8MXr9uxQ

Facebook

https://www.facebook.com/mak.kawasakishi.nakaharaku

Instagram

https://www.instagram.com/makshinkyuseikotuin/

著者 Writer

著者画像
院長:増田一三
●生年月日:1970/08/09
●血液型:B型
●既婚者・子供1人
●趣味:走ること、スキー、ダイビング、キャンプなどスポーツ全般
●国家資格
・柔道整復師
・鍼師
・灸師
・あんま・マッサージ・指圧師
・中学校高等学校保健体育免許
●民間資格
・DRTアドバンスイストラクター
・ライトセラピスト
・予防医学指導士
・日本痩身医学協会認定施術師
 

当院のご紹介 About us

院名:M.A.K.鍼灸整骨院
住所〒211-0042 神奈川県川崎市中原区下新城3-15-8
最寄:武蔵新城駅 武蔵中原駅から徒歩12分
駐車場:あり(1台)
                                 
受付時間
9:00〜 13:00〜 - 13:00〜 -
21:00 - -
定休日:水曜、日曜、祝日

【公式】M.A.K.鍼灸整骨院 SNSアカウント M.A.K.鍼灸整骨院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】M.A.K.鍼灸整骨院 SNSアカウント M.A.K.鍼灸整骨院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】M.A.K.鍼灸整骨院 フォローお願いします!

  • 毎月お得なクーポン情報を発信しています
  • 新しいサービスなどのご案内をしています
  • キャンペーン情報などいち早く入手できます