四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 腕を動かすときの肩の痛みを
    なんとかしたい

  • 洗濯物を干す
    ときに肩が痛む
    ので困る

  • 動かした方が
    いいのかどうか
    分からない

  • 四十肩や五十肩の改善法が
    知りたい

四十肩や五十肩は症状に応じて対処しよう!

 

四十肩や五十肩は、発症したときにものすごく強い痛みが生じ、

徐々に痛みが減少していくのが特徴です。

 

また、四十肩や五十肩には、腕を動かしづらくなるといった問題点もあります。

ただ、痛いからと言って安静にしているだけは、かえって治癒を遅らせてしまいます。

 

そもそも四十肩や五十肩が完治するまでにはかなりの期間を必要とします。

そのため、症状の推移に応じて正しく対処することが重要となります。

 

後遺症を残さないためにも正しい対処法を知っておきましょう。

四十肩・五十肩でお悩みの方に
おすすめのメニュー Recommend Menu

突然強い痛みを生じる四十肩や五十肩の原因とは?

四十肩や五十肩というのは通称であり、医学的には肩関節周囲炎と呼ばれています。

昔は50歳前後で発症することが多かったのですが、症状発症の若年齢化にともない、四十肩とも言われるようになってきました。

 

では、なぜ四十肩や五十肩を発症してしまうのでしょう。

 


【医学的には原因不明とされている】

 

四十肩や五十肩は、それほど珍しい現象というわけではありません。

ただ、医学がこれほど進歩した現在となっても、四十肩や五十肩のハッキリとした原因は分かっていません。

 

そのため、整形外科などでは退行性変化、つまり老化と説明されることが多いようです。

 

【四十肩や五十肩のリスクファクター】

 

四十肩や五十肩のハッキリとした原因は不明ということですが、発症した方を見ているといくつかの共通点があり、それが四十肩や五十肩のリスクファクター(危険因子)となっているのではないかと考えられます。

 

◆首や肩のこり

四十肩や五十肩を発症する人のほとんどに、首や肩のこりがみられます。

 

◆肩関節や肩甲骨の動きが悪い

肩関節は人体でもっとも可動域の広い関節の1つですが、四十肩や五十肩を発症する人は、もともと関節の可動域が狭い傾向にあります。

また、肩甲骨の動きが悪いと、肩関節の可動域にも悪影響を及ぼします。

 

◆肩関節のケガ

若いころに肩関節を痛め、しかるべき治療を怠っていた場合、年齢を重ねてから肩関節周囲炎を発症するケースが見られます。

 


【四十肩や五十肩の症状】

 

四十肩や五十肩を発症すると、一般的には以下のような症状が見られます。

 

◆安静時痛・夜間痛

四十肩や五十肩の発症初期は安静にしていても痛みが生じ、睡眠にも悪影響を及ぼします。

 

◆可動痛

腕を挙げる際などに肩が痛むのも四十肩や五十肩の特徴です。

 

◆可動制限

肩の痛みとは別に、肩の動きが悪くなります。

 

◆後遺症のリスク

四十肩や五十肩を発症した人のおよそ半数に、7年後も何らかの痛みや可動制限が見られるということです。

 

四十肩や五十肩の改善法!治るまでにどれくらいかかる?

四十肩や五十肩は、症状の推移に応じて3期に分けられています。

そして、その3期の過ごし方によって、症状改善までの期間や、後遺症の可能性が異なってきます。

後遺症を残さないためにも、3期の過ごし方をしっかり理解して置いてくださいね。

 


【急性期】

四十肩や五十肩を発症してから2週間ほど、急性期が続きます。

◆症状

四十肩や五十肩の急性期には、激しい痛みが見られます。

安静にしていても寝ていても痛いことから、心身に多大なストレスが加わります。

◆過ごし方

急性期には肩関節周囲に強い炎症を起こしているので、無理をして動かさないよう心がけましょう。

また、痛みがあまりにも強いようであれば、痛み止めを服用するとよいでしょう。

 

【拘縮期】

急性期を過ぎると、次に半年程度に及ぶ拘縮期が訪れます。

◆症状

四十肩や五十肩が拘縮期に入ると、安静時の痛みは軽減するものの、腕を動かしたときなどに肩関節が痛みます。

◆過ごし方

四十肩や五十肩の後遺症を残さないためには、拘縮期の過ごし方が重要となります。

急性期とは異なり、拘縮期には痛みが残っていても、しっかりと肩関節を動かすことが重要です。

痛いからと言って動かさずにいると、周囲の組織が硬くなってしまい、後遺症のリスクが増してしまいます。

 

【回復期】

発症からおよそ半年を過ぎると、四十肩や五十肩も回復期に入ります。

◆症状

回復期には無理をして動かさなければ、肩の痛みが感じられなくなるレベルまで回復します。

また、可動制限がやや残っているものの、機能障害を自覚することが無くなってきます。

◆過ごし方

この時期にはより積極的に肩関節を動かしたり、肩首位の筋トレをしたりすることが重要です。

 


【四十肩や五十肩の予防法】

四十肩や五十肩はそもそも肩関節やその周囲の筋肉が硬くなることでリスクを増します。

そのため、普段からストレッチをしたり、お風呂で身体を温めたりして、関節や筋肉を柔軟に保つことが重要です。

「分かってはいるけど、忙しくてストレッチをしたりお風呂に浸かったりする時間がない」

という方は、当院のような施術所で定期的にメンテナンスを受けるようにしましょう。

M.A.K鍼灸整骨院【四十肩・五十肩】アプローチ法


特に原因となるものに多いのが、姿勢から来るものです。

 

骨盤が反り腰(お腹を前方に突き出している状態)になることで足部の過回内及び膝のニーイン、股関節が内旋します。

そうなると背中が丸くなり、肩が内旋して内側に入ってきます。

この状態が続くと肩関節がどんどんと拘縮してきてしまい、四十肩・五十肩になってしまいます。

 

施術の方法としては、まずは姿勢のゆがみ・乱れを改善していきます。

これはIRTという手技を使います。

次に骨格筋肉調整方で骨のゆがみを整えて、パーフェクト整体で関節の動きを正常にさせます。

自宅では正常な関節運動ができるように、運動を行なうことで、肩こりとはさようならできるでしょう。

そして最後に肩こりの改善に重要になってくるのが姿勢ですので、肩こりを起こさない正常な立ち方をマスターしていただきます。

著者 Writer

著者画像
院長:増田一三
●生年月日:1970/08/09
●血液型:B型
●趣味:走ること、スキー、ダイビング、キャンプなどスポーツ全般
●国家資格
・柔道整復師
・鍼師
・灸師
・あんま・マッサージ・指圧師
・中学校高等学校保健体育免許
●民間資格
・DRTアドバンスイストラクター
・ライトセラピスト
・予防医学指導士
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:M.A.K.鍼灸整骨院
住所〒211-0042 神奈川県川崎市中原区下新城3-15-8
最寄:武蔵新城駅 武蔵中原駅から徒歩12分
駐車場:あり(1台)
                                 
受付時間
10:00〜 13:00〜 13:00~ - 13:00〜 13:00〜 -
21:00 - -
定休日:水曜、日曜、祝日

【公式】M.A.K.鍼灸整骨院 SNSアカウント M.A.K.鍼灸整骨院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】M.A.K.鍼灸整骨院 SNSアカウント M.A.K.鍼灸整骨院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】M.A.K.鍼灸整骨院 フォローお願いします!

  • 毎月お得なクーポン情報を発信しています
  • 新しいサービスなどのご案内をしています
  • キャンペーン情報などいち早く入手できます