足底筋膜炎

足底筋膜炎によくある症状

  • ランニングを
    するときに足の
    かかとが痛い

  • どこに行っても
    足裏の痛みが
    治らない

  • 正しい
    ランニング
    フォームが
    知りたい

  • 足底筋膜炎の
    予防法を教えて
    ほしい

足底筋膜炎は足だけの問題ではありません!

日本でもランニングブームが定着してしばらく経ちますが、

その間に増えているスポーツ障害の1つが足底筋膜炎です。

 

一念発起してランニングを始めた壮年期から中年期以降のランナーに多く見られるほか、

部活動や趣味のスポーツに熱心な生徒さんや学生さんにも起こりやすいスポーツ障害です。

 

ただ、足底筋膜炎というと足の裏にばかり目が行きがちなのですが、

実は、その他の場所にも足底筋膜炎のリスクファクターが潜んでいるのです。

足底筋膜炎でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

足底筋膜炎の発症リスクを高める意外な原因

足底筋膜炎は珍しい疾患ではありませんが、痛みの出ている場所ばかりに注目していると、治癒を遷延させることになりかねません。

 

では、何が足底筋膜炎発症のリスクを高めるのでしょう。

 


【足底筋膜炎とは?】

 

足底筋膜炎の原因について知るためには、そもそも足底筋膜炎がどのような疾患であるのかを理解しておく必要があります。

◆スポーツ障害の一種

足底筋膜炎は捻挫や脱臼とは異なり、急にケガをするタイプの疾患ではありません。

繰り返し同じ動作をおこなうことで、局所への負担が増した結果として発症するという特徴があります。

 

◆足底筋膜炎の症状

足底筋膜炎を発症すると、主にかかとの前あたりに痛みが生じます。

なぜなら、足底筋膜が足の指の付け根からかかとまで、膜を覆うように付着しているからです。

 

【足底筋膜炎の原因】

 

足底筋膜炎にはいろいろなリスクファクターがあります。

もしかしたら、意外な理由で足底筋膜炎を発症しているかもしれませんよ。

 

◆オーバーユース

足底筋膜炎を発症する最大の原因がオーバーユース(使い過ぎ)です。

ランニングや跳躍などを繰り返すことで、かかとの前あたりに負荷がかかり、それが足底筋膜炎の発症リスクを高めます。

 

◆合わない靴を履いている

運動時に履いている靴も足底筋膜炎の原因の1つです。

特に足に合わない靴を履いていたり、衝撃を緩和する機能の低い靴を履いていたりすると、足底筋膜炎を発症しやすくなります。

 

◆筋膜の緊張の連鎖

筋膜は筋肉を膜のように覆っていますが、局所の筋膜は別の場所の筋膜と有機的に結合しています。

例えば、背中から腰の筋膜は臀部の筋膜に、臀部の筋膜は下肢の筋膜にといった具合です。

そのため、背部の筋膜の緊張が、足底筋膜炎の発症リスクを高めることもありうるのです。

 

【どのようなときに発症しやすい?】

 

足底筋膜炎は、足の裏の筋肉や筋膜が硬くなると発症しやすい傾向があります。

そのため、身体が冷えているときや、疲労がちゃんと抜けていない時ウォーミングアップが足りない時などに発症しやすい傾向が見られます。

 

日常生活で簡単にできる足底筋膜炎の予防策って?

足底筋膜炎は捻挫や脱臼のように、あるタイミングで発症するタイプのいわゆるケガではありません。

そのため、運動をする前だけでなく、日常生活においてもちょっとしたことに気をつけるだけで、予防することが可能となります。

 


【足底筋膜炎の予防法】

 

足底筋膜炎を予防するためには、筋肉や筋膜を緩めること、そして、運動によるダメージを回復させることが重要です。

 

◆運動後にストレッチをおこなう

運動をした後にふくらはぎを中心とした筋肉のストレッチングをおこない、足底筋膜にかかる負荷を減少させておきましょう。

筋肉はゴムのようなもので、硬くなると牽引力が働きますし、筋線維が断裂しやすくなります。

ちなみに、運動前にストレッチをおこなうと筋肉が弛緩するため、かえってケガのリスクを高めることにつながりかねません。

運動前は軽くジョギングしたり、ダイナミックストレッチをおこなったりして、身体を温めることが重要です。

 

◆十分な休息をとる

足底筋膜炎を始めとしたスポーツ障害を発症する最大の原因がオーバーユースです。

疲労が抜けていないのにさらなる負荷を局所に加えることで、スポーツ障害の発症リスクが高くなります。

特に趣味でランニングを始めた場合、徐々に走る距離が長くなったり、タイムが短縮したりすることで、嬉しくなって走り過ぎてしまうことが多々あります。

運動をするときに忘れてはいけないことが「休むのも練習のうち」ということです。

 

◆お風呂で身体を温める

身体が冷えると筋肉や筋膜が硬くなり、足底筋膜炎の発症リスクが高くなります。

普段からお風呂に浸かるなどして身体を温め、筋肉や筋膜を柔軟に保つよう心がけましょう。

 

M.A.K鍼灸整骨院【足底筋膜炎】アプローチ法


特に原因となるものに多いのが、姿勢から来るものです。

骨盤が反り腰(お腹を前方に突き出している状態)になることで足部の過回内及び膝のニーイン、股関節が内旋します。

そうなると足の内在筋が引き延ばされます。

歩くたび、体重をかけるたびに足の内在筋が引き延ばされていきます。

その動作を繰り返すことによって筋肉や筋肉の付着部が炎症を起こしてきていきます。

さらに悪化してくると筋肉や腱の付着部だけではなく、かかと全体に炎症が広がってきてしまいます。

 

施術の方法としては、まずは姿勢のゆがみ・乱れを改善していきます。

これはIRTという手技を使います。

次に骨格筋肉調整方で足部、下腿、膝関節、大腿、股関節、骨盤周囲の骨のゆがみを整えて、パーフェクト整体で下肢全体の関節の動きを正常にさせます。

また正常な関節運動ができるように、関節を守る筋肉をしっかりと動かせるような運動を行なっていけば、足底筋膜炎が改善できるでしょう。

そして最後に正常な立ち方をマスターしていただき、足裏への負担を減らしていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:増田一三
●生年月日:1970/08/09
●血液型:B型
●趣味:走ること、スキー、ダイビング、キャンプなどスポーツ全般
●国家資格
・柔道整復師
・鍼師
・灸師
・あんま・マッサージ・指圧師
・中学校高等学校保健体育免許
●民間資格
・DRTアドバンスイストラクター
・ライトセラピスト
・予防医学指導士
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:M.A.K.鍼灸整骨院
住所〒211-0042 神奈川県川崎市中原区下新城3-15-8
最寄:武蔵新城駅 武蔵中原駅から徒歩12分
駐車場:あり(1台)
                                 
受付時間
10:00〜 13:00〜 13:00~ - 13:00〜 13:00〜 -
21:00 - -
定休日:水曜、日曜、祝日

【公式】M.A.K.鍼灸整骨院 SNSアカウント M.A.K.鍼灸整骨院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】M.A.K.鍼灸整骨院 SNSアカウント M.A.K.鍼灸整骨院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】M.A.K.鍼灸整骨院 フォローお願いします!

  • 毎月お得なクーポン情報を発信しています
  • 新しいサービスなどのご案内をしています
  • キャンペーン情報などいち早く入手できます